この記事はワクワクしましたか?
  • 超ワクワク! (2)
  • ワクワク! (1)

【平成最後の堺百町ふとん太鼓編】9月と10月は各神社にて秋季例祭!開催日と場所をご紹介

高々と担ぎ上げるふとん太鼓

写真は先日行われた『船待神社秋季例大祭』の出島ふとん太鼓保存会です。

夏の蒸し暑さから秋の涼しい風が吹いていて、季節も少しずつ変わりつつあります。
こんにちは、広報のいっちゃんです。

堺市内では9月に入って各地で太鼓の音色が鳴り響いていたりも。
そう、何故なら9月・10月『堺百町(さかいひゃくちょう)』といって、堺市内の各神社で秋季例祭が開催しているからです。

その主役となるのがこちらの2つ。

ふとん太鼓

だんじり

実は学生時代に、あるふとん太鼓会に入って大きな団扇で仰いでいたし、卒業してからも地元は必ず毎年見ています。
だんじりは大人になってから見始め、参加したこともありませんが、ふとん太鼓とはまた違った感動を覚えました。

しかし今回は『ふとん太鼓編』の開催日と場所について記事にしました。
堺に住んでいるけどまだ見たことがない!という方はぜひチェックしてください。

ふとん太鼓とは?

実はふとん太鼓の歴史は古く、江戸中期には住吉大社祭礼に担ぎ出されていたそうです。

『堺型』『大阪型』『淡路型』などそれぞれ型が違うので、事前にチェックしておいて誰かに自慢してみてください。
重さはなんと約2~3トンで、50~70人の男性が大きな棒を肩に担ぎ上げ足を揃えて練り歩きます。
太鼓の音と唄が響き渡るのは、白塗りに化粧した可愛らしい乗り子が力いっぱいにバチで叩きながら元気いっぱいに歌っているからです。
また、『ベラ ベラ ベラショッショイ』の掛け声とともに担ぎ合う『ベラ合戦』も魅力的です。

開催場所と日程と魅力

すでに終わっている地域もありますが、ご了承ください。
(2018年9月21日時点)

開口神社八朔祭

堺区:阪堺線『宿院駅』から徒歩約3分
9月7~9日(毎年9月12日より前の金・土・日)
・芦原濱
・大南戸川隅田
・新在家濱
・大甲濱

本宮(2日目)の最後には境内で入場規制がかかるほど人気の餅まきもあるので、初見の方にも嬉しいイベントです。

菅原神社八朔祭

堺区:阪堺線『大小路駅』から徒歩約3分
9月7、8日(昨年は9月13~15日)
・北戸川
・海船濱

ふとん太鼓だけでなく、獅子舞なども一緒に祭りを楽しんでいる風景が渋くてかっこいいです。

船待神社秋季例大祭

堺区:阪堺線『御陵前駅』から徒歩約3分
9月14~16日(毎年9月敬老の日直前の金・土・日)
・西湊
・東湊
・出島

実際に見ていただかないと分かりませんが、出発地点である新湊小学校の近くから紀州街道を出て御陵通までの相当な距離を担ぎ上げて練り歩いています。

方違神社秋季例大祭

堺区:南海高野線『堺東駅』から徒歩約5分
9月15~17日(毎年第3土・日・月(敬老の日))
・榎

三国の境界線である方違さんで、一台のふとん太鼓が街を盛り上げます。

百舌鳥八幡宮月見祭

北区:南海高野線・JR阪和線『百舌鳥八幡駅』から徒歩約15分
9月22、23日(9月上旬から10月上旬の間)
・赤畑町
・梅町
・梅北町
・土塔町
・中百舌鳥町
・陵南町
・西之町
・土師町
・本町
・子供太鼓連合(全9台)

毎年2日間で10万人以上が百舌鳥八幡宮に訪れる最大規模の祭りです。
百舌鳥八幡宮の長い階段を担ぎながら練り歩くのが醍醐味。

華表神社秋祭り

北区:地下鉄御堂筋線『北花田駅』から徒歩約5分
10月4、5日
・奥本町

こちらも一台のふとん太鼓がありますが、担ぎ上げて練り歩く、さらに見物人には嬉しい餅まきも醍醐味です。

石津太神社秋祭り

西区:南海本線『石津川駅』、阪堺線『石津駅』から徒歩約5分
10月5~7日(毎年10月体育の日直前の金・土・日)
・石津川向
・石津東
・石津若中
・十三町会
・北若中
・西地蔵会

神社は『いわつた』と読みます。
それぞれの個性が爆発していて、赤い布団に乗っている男性がメガホンを使って歌っている太鼓台もあります。

石津神社秋祭り

堺区:南海バス『石津神社前駅』からすぐ
10月6、7日(毎年10月第1土・日)
・浜石
・緑ヶ丘

ふとん太鼓、だんじり、神輿の3つが勢ぞろいしているのはこの神社だけ!

八坂神社中村町

北区:地下鉄御堂筋線『新金岡駅』から徒歩約20分
10月6、7日(毎年第1土・日)
・中村町

房の色は珍しい紫。
すぐ近くの野遠町という街にも八坂神社があり、野遠町ふとん太鼓と合流しお互いの神社で参拝するのも楽しみの一つです。

八坂神社野遠町

北区:地下鉄御堂筋線『新金岡駅』より南海バス『野遠』から徒歩約5分
10月6、7日(毎年第1土・日)
・野遠町

先程も紹介しましたが、中村町と合流しお互いの神社で参拝するのが醍醐味。
昼間ももちろん良いのですが、夜はライトアップしたふとん太鼓は綺麗です。

まとめ

以上となります。
それぞれの個性があって、それぞれの太鼓の音、唄の違いなど楽しみ方もあるので、ぜひ残りの祭りも見に行ってみてください。
今年見る機会がなかった祭りも来年は隙を見つけて駆けつけたいと思います。

次回は『だんじり編』をお届け!

ではでは、広報のいっちゃんでした\(^o^)/